2013年11月16日土曜日

「本当に嫌なら抵抗するはず」裁判官の誤った“思い込み”…性犯罪の無罪判決「 検証本」出版へ 大阪弁護士会/MSN産経

"=========== Meta ============
"StrID : 3694
"Title : 「本当に嫌なら抵抗するはず」裁判官の誤った“思い込み”…性犯罪の無罪判決「検証本」出版へ 大阪弁護士会/MSN産経
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
"Tags : 弁護士,性犯罪,強姦,無罪,裁判官,弁護士会
"========== Content ==========


2013.11.15 20:18 (1/3ページ)[注目の刑事裁判]
主な性犯罪の無罪判決

主な性犯罪の無罪判決

 強姦など性犯罪事件の無罪判決について、大阪弁護士会が来春にも、被害者の立場で検証した書籍を全国の弁護士会で初めて出版する。検証の結果、多くの無罪判決は、恐怖で抵抗できないケースがあるのに、裁判官が「本当に嫌なら抵抗するはず」という誤った“思い込み”から被害者供述の信用性を否定し、無罪を宣告していると分析。「裁判所の認定は性犯罪被害の実態と乖離(かいり)している」と批判する。一方、専門家からは「冤罪(えんざい)を防ぐため、供述に頼らない立証が必要だ」との声も上がる。

引用:「本当に嫌なら抵抗するはず」裁判官の誤った“思い込み”…性犯罪の無罪判決「検証本」出版へ 大阪弁護士会(1/3ページ) - MSN産経west