2013年11月21日木曜日

横浜弁護士会に所属する74歳の弁護士が、預かっていた遺産のうち2400万 円を着服した疑いがあることが、弁護士会の調べで分かり、弁護士会は処分を検 討/NHKニュース

"=========== Meta ============
"StrID : 3813
"Title : 横浜弁護士会に所属する74歳の弁護士が、預かっていた遺産のうち2400万円を着服した疑いがあることが、弁護士会の調べで分かり、弁護士会は処分を検討/NHKニュース
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
"Tags : 弁護士,弁護士事件,着服,弁護士会
"========== Content ==========


横浜弁護士会に所属する74歳の弁護士が、預かっていた遺産のうち2400万円を着服した疑いがあることが、弁護士会の調べで分かり、弁護士会は処分を検討しています。

これは18日、横浜弁護士会が記者会見して明らかにしたものです。それによりますと、着服の疑いが持たれているのは猪俣貞夫弁護士(74)で、預かっていた6500万円余りの遺産のうち2400万円を自分の事務所にかかる費用や生活費に流用したとみられています。
今月、遺産の受取人が、送金が4回も延期されたことを不審に思い、弁護士会に相談したことから発覚しました。弁護士会の調査に対し、流用を認めて「借り入れして返す」と話しているということです。
弁護士会によりますと、猪俣弁護士の業務用の口座には、今回の遺産の受取人とは別の人の資金も入っていて、去年12月からこれまでにさらに2500万円以上の使途不明金があるということで、弁護士会は処分を検討しています。

引用:弁護士 遺産2400万着服の疑い NHKニュース