2013年12月1日日曜日

PC遠隔操作事件 2月に初公判の見通し/NHKニュース

"=========== Meta ============
"StrID : 4032
"Title : PC遠隔操作事件 2月に初公判の見通し/NHKニュース
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報
"Tags : 時事・ニュース,NHK,PC遠隔操作事件,検察,証人
"========== Content ==========


パソコンの遠隔操作事件で、起訴された被告について裁判の争点や証拠を事前に整理する手続きが行われ、初公判が来年2月に開かれる見通しとなりました。
弁護団が一貫して無罪を主張しているのに対し、検察は50人を超える証人を呼ぶことを検討していて裁判は長期化が予想されます。

一連の遠隔操作事件で威力業務妨害などの罪で起訴されたインターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(31)について29日、東京地方裁判所で事前に争点や証拠を整理する手続きが行われ、初公判は来年2月中旬に開かれる見通しとなりました。
弁護団が「被告自身も遠隔操作された被害者だ」と一貫して無罪を主張しているのに対し、検察は有罪を立証するために50人を超える証人を呼ぶことを検討していて、裁判は長期化することが予想されます。
また、この事件では証拠の多くがデジタルデータのため、裁判所はIT技術の専門家が「特別弁護人」として弁護団に加わり、被告と面会したり裁判に参加したりすることを認めました。

引用:PC遠隔操作事件 2月に初公判の見通し NHKニュース