2013年12月5日木曜日

官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機 能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を 抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。/郷原信郎弁 護士

"=========== Meta ============
"StrID : 4156
"Title : 官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。/郷原信郎弁護士
"Cats : 弁護士
"Tags : 郷原信郎弁護士,@nobuogohara,検察,刑事司法,マスコミ,弁護士ブログ
"========== Content ==========


特定秘密保護法案が、少数の野党の反発やマスコミなどの強い反対を押し切って、今日、参議院で採決され、成立する見通しだと報じられている。

私も、このような行政への一層の権限集中を招く立法が行われることには反対である。しかし、それは、法案自体に問題があるということではない。むしろ、官僚組織である検察に権限が集中し、しかも、マスコミも、それに対して批判機能を果たせない日本の刑事司法の現状の下では、その法律に基づく権限の濫用を抑制することが困難だという、刑事司法の実情の方に問題がある。検察出身の法律実務家の立場から、その点を中心に、私の見解を述べてみることにしたい。

引用:特定秘密保護法 刑事司法は濫用を抑制する機能を果たせるのか | 郷原信郎が斬る